非R勢ならば大歓迎です。バトデラ外OKです。

この小説を見る前に、「ドラゴンボールZ 燃え尽きろ!熱戦・烈戦・超激戦」を見ておくとより楽しめるかと。

あと、ブロリーの動画のやつも度々出てきます。
注意!この小説はあくまで2次創作。実際の人物の実話では無いので、気にしないで下さい。



ピコーン♪
テロテロテロテロタタッタッターンタタッタッタターン
パラッパンパララパラッパパラパラパラララン♪
パラッパンパララパラッパパラパラパラララン♪
パラッパンパララパラッパンパラッパン
っっっタン♪



/ドン☆\
痩せた★痩せた★超痩せた

YEI★


目次
1章 ???再来!
2章 マスターの強さ
3章 バトネ決定!
4章 保健室にて
5章 3対1?
6章 R
7章 修行
8章 修・行・成・果
9章 予選突破選手発表
10章 事件と黒幕と一回戦
11章 対戦表
12章 因縁の対決
13章 フラグ
14章 メタ内藤参戦
15章 放送禁止用語VS隊長
16章 殺戮ショー1
17章 アナザーカービィ
18章 気付くの遅くね?
19章 キャラ崩壊
20章 犯人の目星
21章 犯人…?
22章 破・壊・行・為
23章 黒・幕・正・体
24章 戦闘開始
25章 コピー能力「マスター」
26章 チート対チート
27章 真犯人登場
28章 ゲーム世界
29章 灯火の星現実世界
30章 強化変身
31章 天下一武道会♪
32章 弾幕ごっこ
33章 W主人公
34章 結末、強化変身
35章 サバイバル!VSドラゴンボールチーム!
36章 最恐!ゲームマスターの正体!
37章 くさあしの猛攻!で、マスター散る!
38章 反撃開始!
39章 覚醒
40章 行け!感情の攻撃!
41章 ピンチ!決して倒せない敵!
42章 マスター復活!
43章 いけ!僕らのカービィ!
44章 バトデラをかけた魂の戦い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ex2章 微かな希望
ex3章 力戦奮闘!出るか3倍ステータス!
ex4章 激突!starボウブレイクVsマスタースパーク!
ex5章 放てファとに!逆転の勇気玉!
ex6章 さらばあきstarゼオスの小説に託したゲームマスターの血統
ex7章 死者蘇生!集めろ7つの星!
ex8章 動き出した計画、動き出した1つの陰謀
ex章 お馴染み1面ボスさん
ex10章 秋の球探し、始動
ex11章 VS秋star
ex12章 秋との共闘
ex13章 最後の球の行方
ex14章 グランドローパーとの闘い
ex15章 救世主到着!
ex16章 出発!ハルカンドラ!
ex17章 (序章)VSランディア
ex18章 VSランディア
ex19章 マホロアとマスタークラウン
ex20章 ローアの主砲を潜り抜け!
ex21章 名もない星での激突
ex22章 目覚める血
ex23章 決着
ex24章 戻った日常…?
ex25章 秋の職場探し
ex26章 野球対決!マスターチーム対秋チーム
ex27章 野球対決!マスターチーム対秋チーム(後編)
ex28章 未来からのSOS!!
ex29章 5年後
ex30章 目覚め
ex31章 超カービィ秋star
ex32章 起動
ex33章 想定外の人物
ex34章 余裕の3人
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番外編 善屑激突!バトデラまるごと超決戦
番外編  燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
番外編 HOPE!!絶望への反抗! 〜残された戦士 きよはると3代目〜


ex28章 未来からのSOS!!

マスター「ま、まじかよ…」

きよはる「そんなことが…」

かえる「みんなは少し過去編は待ってね!」

ゲームマスター「そして、私の感だと…」

秋「お前タイトル見ただけだろ。」

ゲームマスター「ばれた?」

かえる「バレッバレ。」

ゲームマスター「とにかく、誰かくるぞ。」

マスター「まっさか〜」

ドーン!!!

きよはる「本当にきたぁぁぁ!?」

ガチャッ

一同は外に出た。

かえる「な、何…これ…」

そこにあったのは…

きよはる「で、でっかいカプセル?」

そう、大きいカプセルの様な物が落ちていた。

マスター「な、中にカービィが入ってるぞ!?」

プシュー…

かえる「な、なんか出てきた!」

そこから出てきたのは…?

???「おはようございます!」

マスター「あの、どちら様で?」

???「それは…言えませんね。」

秋「何!?言えないだと?」

???「でも、何処から来たかは言えますよ!」

きよはる「もしかして…宇宙?」

???「いや、20年後の未来からです!」

秋「ダニィ!?」

かえる「まっさか〜!じゃあ証拠は?」

???「はいっ!じゃあもうすぐはやさんが地上に来ます。」

マスター「いやいや。あの人は天界に住んでるんだ。地上に来ることなんて滅多に…」

はやさん「呼んだ?」

マスター「うん呼んだ。ってえゑ!?」

秋「ほ、本当に当てやがった!」

はやさん「うむ。最近カービィが修行に来ていてな。食糧を調達しに来たのだ。」

マスター「なるほど。」

???「僕の事、信用していただけたでしょうか?」

かえる「まぁ、悪い奴じゃなさそうだしねー。」

秋「しかし名前を言えないのは怪しい…」

???「あはははは…それより、僕がここに来たのは目的があります。」

きよはる「目的?」

???「はい。それは僕が小さい頃、ある2人組の改造カービィがバトデラを襲撃したんです。」

マスター「改造カービィ?」

???「そいつらは…強い!強すぎるんですよ!」

秋「ふん。いくら強かろうと俺たちが何やかんやで倒したんじゃないのか?」

???「いや… 秋さんも…マスターさんも…みんな死んでしまった…!!

かえる「うそぉ!?」

マスター「お、俺もやられたのか!?」

???「…いや、貴方は病気で戦いが始まる前に、亡くなられてしまった…」

マスター「び、病気?」

???「そうです。ストレス性の病気で、現代では治療が困難な程に気づいた時にはなっていた…」

マスター「と言うことは俺はもうすぐ…」

きよはる「死んじゃうの!?」

秋「何!?」

???「だからそのために僕が来たんです。」

???は薬が入ったビンを渡した。

???「確かに当時は不治の病でしたが、未来ではもう治る病気となっている…それを飲んでいれば死ぬことはありません。」

マスター「サンキュー!」

???「マスターさん。貴方には僕の正体を言える…少しついてきて下さい。」

秋「おいちょっとまて!何でマスターを信じる!」

ビューン

秋「ハアッ☆」


スタッ

???「ここら辺でいいでしょう。」

マスター「お前の正体…お前は誰だ?」

秋star3代目「僕は…秋さんとかえるさんの息子。秋star3代目です。あ、2人には内緒にしといて下さいね。」

マスター「どうしてだ?」

3代目「もしもそれで2人から僕が産まれなくて未来が変わってしまったら…僕の存在そのものが消えてしまう…」

マスター「それで言えなかったのか!「

3代目「ここから先はみんなに伝えといて欲しいんですけど、あの2人の改造カービィが現れるのは、5年後の4月27日の午後3時39分のみなとまちに襲撃してきます。」

マスター「細かっ!」

3代目「後、未来の世界ではきよはるさん、とても立派に育っていますよ。」

マスター「きよはるだけは生き残ったんか?」

3代目「はい。僕の命の恩人であり文武を叩き込んでくれた師匠でもあります。大切に教育してあげてくださいね。」

マスター「ああ。言われなくても。」

3代目「では、5年後のみなとまちで会いましょう!」

3代目は乗ってきたタイムマシンに乗った。

マスター「それタイムマシンだったのね」

ex29章 5年後

あきstar3代目が訪れてから5年…マスター達は厳しい修行をつけていた。

マスター「はっ!はっ!」

きよはる「くぅ……」

マスター「修行しないと…アイツらにやられる!」

きよはる「頑張りましょう!父さん!」

そして5年の月日がたった…

ーーみなとまち

スタッ

マスター「午後3時30分…後9分か。」

きよはる「父さん身体は大丈夫ですか?」

マスター「薬を飲み続けたから大丈夫とは思うけど…」

かえる「あら、久しぶりね。2年振りくらい?」

きよはる「修行のため、お会い出来なくてすいません。ところで、秋さんは?」

かえる「あぁ。秋ならもうすぐくるわよ。」

ファとに「俺も戦います!」

マスター「おぉ!ファとに!」

ギガ「俺もだ。なんせここで戦わなければ死んでしまうかも知れないしな。」

あたルフ「右に同じです。」

マスター「み、みんな…」

と、その時!

ドーーン!!ボカーン!!

全員「来たか!」

きよはる「みんなで手分けして探しましょう!」


???「ギギギ…コピーカービィ…抹殺…」

???「その調子だ、、改造カービィ19号よ。」

19号「ハイ。20号サマ。」

あたルフ「見つけたぞ!」

と、一番最初に見つけたのはあたルフ。

20号「だれだあいつは?」

19号「アレハ、入力されたデータと称号スルト…98%の確率であたルフの可能セイ。」

あたルフ「残念ながら俺だって5年間修行してたんだ!!覚悟しろよ…」

20号「放っておけ。私たちの一番の目的はマスターと秋stirの抹殺と、出来るだけ多くのコピーカービィを消すことだ。あいつと戦っていたら非効率。」

19号「ハイ。引き続き、コピーカービィ抹殺…」

あたルフ「こらあ!無視するんじゃねぇ!ハァッ!」

あたルフは殴りかかる。

20号「邪魔をするな。フンッ!」

グシャァ…

あたルフ「グハァッ…!」

なんと20号が放ったパンチは、あたルフの身体を…貫いた。

きよはる「あ、あたルフさん!」

20号「むっ、マスターの息子、きよはるだ!サッソクカッサラッテヒトジチニシ、マスターヲナキモノニショウゼ」

きよはる「みんなが分からないようなネタを言うんじゃない!」

ギガ「み、見つけたぞ!」

ファとに「な、なんて事を…」

マスター「許せねぇ…」

19号「ターゲット確ニン。ターゲット確ニン。直ちに駆除、駆除」

20号「やれい!」

一同、開戦の火蓋が切られる。が!

きよはる「待ってください!!

全員「!?」

20号「なんだ!」

きよはる「ここで戦うと、街にさらに甚大な被害が出る…別の島で戦いましょう。」

ギガ「それもそう…か。」

20号「いいだろう。」

19号「そちらガ、効率的だと判ダン…」

マスター「すまんきよはる。冷静じゃなかった。」

きよはる「いえいえ。」

ビューン!!

突如現れた改造カービィ19号と20号…場所を移動した一行は勝つことが出来るのか!?

ex30章 目覚め

19号「ここで良かろう」

そう言うと19号は1つの島に降り立つ。

マスター「戦う前に一つ聞きたい。お前たちは誰に作られた?」

20号「ワタシタチハ、トロンサマのシモベ。」

ギガ「トロンだと?あの俺たちコピーカービィを作った?」

19号「そうだ。トロン様は貴様らコピーカービィをとても憎んでいる。そして、お前たちを抹殺するために改造カービィを作った…」

マスター「強いんだろうなぁお前らは。」

19号「もちろんだ。トロン様は貴様らが独自に武道会を開いている事をしり、どれくらいの戦闘能力かを知るために虫型の偵察ロボを使って推測なされた。」

きよはる「偵察ロボ?」

19号「そうだ。今も飛んでいるぞ。」

マスター「……。なぁ。ハルカンドラにはついて行ったか?」

19号「いや、そんな短期間では成長はないと思い、ついて行かなかった。それがどうした?」

ファとに「お前たちは一番重要な場所に行き忘れた様だな。」

19号「なんだと?やってみるか!」

ギガ「ふん。こんな奴らやってしまえ。」

マスター「おう!超カービィ!

風が巻き起こり、マスターは超カービィへと変身した。

19号「なんだあれは!データにないぞ!?」

20号「フメイ。フメイ。」

マスター「いっちょいくぜ!」

19号「20号!恐る必要はない!やってしまえー!」

20号「ハイ。」

マスター「おらぁ!」

バキッ!

20号「ガ…………」

ズザザザザ!

19号「20号!?」

マスター「よしっ!倒せる!」

ドカバキドカバキ!

19号「(まずい…このままでは20号がやられてしまう…)」

マスター「機械なんぞぶっ壊してやらあ!マスタースパーク!!

マスターはマスタースパークを放つ。しかし。

20号「ニアリ」

ギガ「マスター!奴は何か考えているぞ!」

19号「20号!吸収してしまえー!!

20号「ハァァァァァ…」

ギガ「な、なに!?」

きよはる「マスタースパークを…」

ファとに「手の平から吸収している!?」

スポッ

20号「エネルギー…マンタン。」

ギガ「マスター!奴に気弾系の攻撃はするな!」

マスター「おうよ!くらr」

しかし。

ドクン ドクン

マスター「(な、なんだ?急に胸が苦しく…)」

バタッ

全員「なに!?」

ギガ「どうしたマスター!ダメージはくらっていないはずだ!」

きよはる「も、もしかして…ストレス性の病気が再発したんじゃ…」

ファとに「そ、そんな!」

19号「ふははははは!よく分からんがやってしまえー!」

20号「ハイ。」

ギガ「お前ら!俺たちで倒すぞ!」

きよはる「はい!!」

双方が戦闘形態に入ったその時!

秋「よぉ。マスターさんよ。なに倒れてんだ?」

ギガ「秋!来たのか!」

秋「全く。自分の身体の事も分からないとは…戦士として情けない。」

ファとに「あれ?秋は超カービィになれないんじゃないのか?」

ギガ「た、確かに…!」

19号「ならば倒すのは簡単。」

20号「カンタン。」

秋「ガラクタ人形が調子に乗るんじゃない。」

きよはる「秋さん!油断しないでください!」

秋「俺もなれるんだよ。"超カービィ"にな…」

ギガ「なに!?」

秋「はぁぁぁ!!」

ブオン!!

風が巻き起こり、秋は金色の戦士 ーーーー超カービィへとなった。

秋「マスターになれて俺もになれない…その怒りで目覚めたんだ…俺の中の超カービィがな!

ex31章 超カービィ秋star


秋「早速だが、貴様らガラクタの実力はさっきの戦いを見ていてよーく分かった。俺に勝るものじゃない。」

19号「ふん。随分デカイ口を叩いてくれるじゃないか。いけ!」

20号「ガッテン。」

20号は秋starに襲いかかる。

秋「その機械的な動き…見切れないわけないんだよぉ!」

バシィッ!

20号「ガ…………」

ゴロッ

きよはる「あ、あの人造カービィの手が…」

ギガ「取れた!?」

19号「20号!」

秋「ほぉう。ガラクタさんよ、なにか落としましたよ?」

19号「(まずい…完全に想定外だ…ここは20号を捨てて逃げるしか…)」

20号「ガシッ」

20号は秋にしがみついた。

19号「おお!20号があいつを掴んだ!いいぞ!あいつのパワーを全て奪ってしまえー!!」

秋「………。離すなよ?」

19号「え?」

秋「はぁぁぁ!!」

バキッ!ドカァ!

20号「グフッ……」

秋は20号をタコ殴りにした。

秋「いつまでつかみ続けられるかな?」

ギガ「おお!完全に秋の方が戦闘能力が上!行けるぞ…」

そして遂に。

ボキィ!

ゴロッ

腕が2本とも無くなった。

秋「なんだ?もう終わりか?」

19号「20号!」

20号「ヒィィィィ!!」

20号は逃げ出した。

秋「なんだ。ガラクタのロボットでも恐怖は感じる様だな。よく出来てる。」

秋は上空に登った。

秋「だが!逃げられると思うなよ?くらえ!これが超秋starのファイルムーンアタックだ!

ビシュッ!!

20号「…………!!」

ドゴーーーン!!

秋「ふっ。」

ギガ「や、やったぞ!」

きよはる「す、凄い…」

19号「(や、やはりダメだった…ここは退くしか…)」

秋「残念だが、貴様はここで死んでもらう。」

しかし。目の前には秋がいた。

19号「くそぉ!」

ギガ「なんだ?一件略着しそうだぞ?」

きよはる「聞いていた話よかは弱すぎじゃないですか?」

秋「ふん。逆に考えるんだ…俺たちが強くなり過ぎた、と。さぁ、トドメだ!」

と、その時。

ギューーーン!!

秋「何だ!?」

きよはる「あれはあの時の!」

3代目「おーーーーい!!!!助けに来ましたー!!」

と、タイムマシンから3代目が顔を覗かせる。

プシュー

3代目「で、今どんな状況ですか?」

秋「ふん。お前の助けなどいらん。もう片付く。」

19号「(ま、また面倒なのが…)」

3代目「え?何処ですか?」

きよはる「あいつですよ。あの今にも倒されそうな。」

3代目「え?あいつが人造カービィ?」

秋「そうだが?お前の未来ではこいつに俺たちは殺されたんだろう?」

3代目「いや…こんなやつ…僕は知らない…!!

秋「何!?じゃあこいつは何だというのだ!」

突然分かった衝撃の事実…果たして3代目が見た人造カービィの正体とは!?

ex32章 起動


秋「なんだと!?」

3代目「すいません…せめて外観だけでも教えておけばよかった…!!」

ファとに「で、あいつらも2人組だったけど、誰なんだ?確か…19号って言ってたっけな…」

3代目「19号!?やつらの仲間か…!?」

秋「おい、話を一人で進めるな。俺たちにも説明しろ。」

3代目「そうですね…実は」

ギガ「おい!19号のやつが逃げ出したぞ!」

秋「なに?」


19号「(くそっ!一時撤退!基地に戻って17号と18号を!)」

ダッダッダッ…

秋「おい!やつの息の根を止めてやる。後に続け!」

3代目「待ってください!」

きよはる「どうしました?」

3代目「やつが向かっているのはアジト…追いかけて場所を突き止めましょう!」

ファとに「お、おう!」

ーー10分後ーー

ーモリモリの森ー
19号「(やつらは…いないな…)」キョロキョロ

3代目「(ここは…モリモリの森…こんなところに!?)」

19号「おい!戻ったぞ!」

認証システム「ハイ。オカエリナサイマセ。」

ウィーン

きよはる「すげー!!全く場所が分からなかった!」

3代目「よし、とりあえず場所は突き止めましたね。これからどうするか…」

秋「そんなもの、ドアを破壊して終わりだ。」

ファとに「うわぁ強引…」

秋「うるさい!」

3代目「と、とりあえずそれをやってみましょうか。」

秋「ふん。こんな古ぼけたドア、一発だ。はぁっ!」

ドカッ!

認証システム「認証システムサドウ。認証システムサドウ。」

秋「なんだ?」

ビリビリビリ!!

秋「あばばばばばばば!!!」

3代目「ど、どうやら力技ではダメなようですね…」

その時ドアの向こうでは…

19号「トロン様が私に管理を任された18号と17号…こいつらが言う事を聞けば…」

17号「…………。」

18号「…………。」

17号と18号はガラスのケースで眠っている。

19号「大丈夫だ。私にはこの、"緊急停止コントローラー"がある。もしもの時は止めればいい。」

プシュー

そういって、19号は2人を作動させた。

19号「起きたか、18号、17号よ。」

17号「ふう…」

18号「あぁ…」

その頃外では……

きよはる「カタカタカタ…ふむふむ。ここがこうなって…出来た!!」

認証システム「オカエリナサイマセ。」

ウィーン

きよはる「よしっ!ハッキング成功!」

ファとに「お前天才か?」

3代目「急ぎましょう!」

ダッダッダッ…

17号「なぁ。もうその呼び名やめてくれないか?」

19号「え?」

18号「この表記面倒いから、名前つけてよ。」

19号「私にはその様なネーミングセンスは…」

17号「まぁいいや。18号。今日からお前の名前はクラーレだ。」

クラーレ「じゃあアンタは…スカイロードでどうだい?」

スカイロード「ふむ。いい名前じゃないか。」

と、自然な流れで19号にスカイロードは近づいた。

サッ

スカイロード「ところでさー。19号。落し物だよ?」

と、その手には!

19号「き、緊急停止コントローラ!」

クラーレ「やったねスカイ。これで私達を止めるものは…」

グシャッ!

スカイ「無くなったワケだ。」

スカイはコントローラを潰す。

19号「お、おお…」

3代目「見つけたぞ!」

スカイ「おや?お客さんかな?」

3代目「お、お前らは…」

クラーレ「ん?私達の事を知っているのかい?」

3代目「17号…18号…!!」

その時、3代目の苦い記憶が蘇ったのだった。

番外編 HOPE!!絶望への反抗! 〜残された戦士 きよはると3代目〜

ここは3代目の元いた未来…
この世界ではマスターは病気で死に、秋やファとにをはじめとする戦士はクラーレとスカイロードにやられてしまっていた…


ラジオ「速報です!人造カービィがまた街を襲っています!避難してください!速やかに避難してください!」

かえる「大変なことになってるわね…」

3代目「母さん。もう人造カービィが出現して父さん達を殺してから2年…人口はもう1000人に減少しています。まだタイムマシンは出来ないんですか!?早く手を撃たないと!」

かえる「待ってよ。まだ燃料エネルギーが溜まってないの。後一カ月は待って。」

3代目「そんな…!!」

きよはる(未来)「まぁまぁ。後一カ月の辛抱だ。」

3代目「きよはるさん!」

かえる「アンタ達には頑張ってもらわないと。だって残ってる戦士、貴方達だけだもんね。」

きよはる「そういう事だ。じゃ、特訓にいくぞ!」

3代目「はいっ!」

ーー海岸近く

3代目「ハァァァァァァ…!」

きよはる「もっとだ!もっと気を上げろ!」

3代目「ハァァァァァァ!!」

きよはる「そうだ!次に大切なのは怒りだ!思い出せ!父さん達を殺した人造カービィの事を!」

3代目「ハァァァァ…!!っっ…はぁ、はぁ…」

しかし。途中で息切れを起こしてしまう。

きよはる「まだまだだね。超カービィにお前がなってくれれば…」

ーーその頃

クラーレ「あははははは!!」

ドーン!

スカイロード「そぉれ!」

ボカーン!

住民A「うわぁぁぁ!人造カービィだぁぁぁ!!」

住民B「逃げろぉぉぉ!!」

2人の出現に住民は逃げ惑う。

スカイ「あはっ!面白い!」

クラーレ「人が逃げている姿を見るとねぇ…全く持ってこれ以上の娯楽はないね。」

きよはる「やめろ!人造カービィども!」

スカイ「ちっ…また邪魔しに来たのか?」

クラーレ「懲りないこと。」

3代目「きよはるさん!僕も一緒に戦います!」

きよはる「無理はするなよ!」

スカイ「しょうがない…少し遊んでやるか。」

クラーレ「行くよ!!」

バシッ!ガシッ!

きよはる「ぐぐぐぐ…」

スカイ「ぬう…」

きよはるとスカイが取っ組み合いを始める。しかし。

3代目「がぁ!」

クラーレ「どうしたんだい?全く手応えがないよ?」

きよはる「3代目!」

スカイ「おっと、よそ見している暇が君にはあるのかなっ、と!」

バシッ!

スカイはきよはるに一発!

きよはる「し、しまった!」

ガシッ

クラーレ「あはははは!ほんっと、アンタは弱いねぇ…もう片方とは大違い。」

スカイ「まぁ、もう片方も、俺たちには敵わないけどな。トドメといこうか。クラーレ。」

クラーレ「そうだね。スカイ。」

クラーレは3代目を投げ飛ばした。

きよはる「3代目!」ガシッ

すかさずきよはるがキャッチ。

クラーレ&スカイ「グレイマスターソージ!

しかし、クラーレとスカイの手から気弾が放たれる!

きよはる「やばい!ガード!」

咄嗟にきよはるは3代目の前に出てガードの姿勢を取る。

ドーーーーン!!!

ガラガラガラ…

スカイ「よし、今日のところはお終いにするか。」

クラーレ「そうだね。」

2人は去っていった…



きよはる「くっ…」

3代目「母さん!きよはるさんが…僕を庇って!」

かえる「ひ、酷いケガ!すぐに医者を!」

きよはる「おいおい…僕は医者だよ?」

3代目「そんな流暢な事言ってる場合ですか!?」


医者「ふーん。これは…この患者と別の患者は軽症ですが…この患者はひどい…左手骨折…全身に大きなケガを負っている…生きてたのが奇跡だ。」

かえる「どうなっちゃうの!?」

医者「彼の左手は…使えなくなるでしょう…」

3代目「そんな…!!」

3代目「(タイムマシン…早く出来てくれ!)」


ーー2週間後ーー

3代目「母さん!後1週間で溜まりますか!」

かえる「えぇ。もうじき溜まるわ。」

3代目「よしこれで…」

きよはる「できるのかー!やっとアイツらを倒せる!」

3代目「すみません…僕がきよはるさんの様に強かったら…」

きよはる「気にすんな。お前が過去に行ってる間は俺がここらを守る。」

かえる「そんなことより…」

3代目「どうしたんですか?」

かえる「気をつけてね。私は秋も、マスターも、ファとに君も、みんな目の前で消えていった…もうアンタがいなくなったら…耐えられないよ…」

3代目「母さん…」

きよはる「………。」

ラジオ「速報です!速報です!今バトデラタウンの西に、人造カービィが接近しています!」

3代目「え!?西の方って…!」

かえる「タイムマシンが保管してあるところよ!あいつら、どこ襲撃してんのよ!」

きよはる「とにかく、これは行くしかない…!」

ガチャ!

3代目「母さん!行ってきます!」

ビューン!!

かえる「あっ!言ったそばから!」


きよはる「確か西の方は…」

住民「ギャァァァ!でたぁぁぁ!!」

スカイ「ひゃっふぉう!」

3代目「ひ、ひどい…」

きよはる達2人は高台に立って人造カービィの非道さを目の当たりする。

きよはる「じゃ、行ってくる。お前はここで待っていろ。」

3代目「僕も行きます!」

きよはる「ダメだ。」

3代目「どうしてですか!」

きよはる「お前は危険すぎる。下手したら死ぬぞ?」

3代目「でも!ジッとしていられないんですよ!」

きよはる「分かった…じゃあ行こうか。」ニヤリ

と、3代目に微笑みかけた瞬間。

ドカッ

3代目「ぐ…」バタッ

きよはる「3代目。もし君まで死んでしまったらこの星を守る戦士は誰もいなくなってしまう…。何年か先、あの人造カービィどもを倒すことの出来る可能性を持った最後の戦士が…。」

ビューン!

きよはる「(これが最後の戦いだろう…)」

そして、きよはるは1人で戦場に向かった。


スカイ「ちっ…まだ生きていたのかよ…」

きよはる「今度はやられないよう修行した…。
やられるのは貴様たちの番だ!」

クラーレ「随分と小粋な事を言ってくれるじゃないか。」

きよはる「ハァァァ!!」

きよはるは超カービィに変身する。

きよはる「超カービィになるのは怒りだ。オレは、秋さんやファとにさんや、皆が人造カービィに殺されて…。それを思い出している内に切れた…。そして超カービィになれたんだ。」

スカイ「ほぉう?」

クラーレ「じゃあ試してみようかね。ハァッ!」

きよはる「気弾!」

ボンッ!

クラーレ「え、煙幕!?」

スカイ「ゲホッ…考えたな…」

きよはる「はぁ!」

ドカッ!

クラーレ「うわぁぁ!」

スカイ「クラーレ!」

きよはる「オラオラオラオラオラ!!!」

ドカドカドカドカ!!!

クラーレ「くっ…!くっ!」

ガシッ!

きよはるはクラーレを掴む。

きよはる「はぁ!」

ドカァ!

そして建物に投げつけた。

スカイ「やってくれるじゃないか…」

きよはる「今度はお前か。」

ドカバキドカバキ!!

両者殴り合い!

クラーレ「やっきはよくも!」

と、クラーレも殴り合いに参加する。

きよはる「負けるかぁぁぁぁ!

ドカドカドカドカ!!

クラーレ「ふんっ!ふんっ!」

スカイ「無駄無駄目無駄無駄!!」

きよはる「オラオラオラオラ!」

ドンッ!

スタッ

と、ここで両者距離を取る。

きよはる「マスター…」

クラーレ&スカイ「グレイマスター…」

きよはる「スパーク!
クラーレ&スカイ「ソージ!!

双方から光線が放たれる!

ドドドドド!!

きよはる「これで…終わらせる…」

クラーレ「終わるのはアンタだよ!」

ドンっ!

きよはる「なっ!さらにパワーが!」

スカイ「ハァァァァ!!」

きよはる「くっ!負ける!」

きよはるはすかさずガード。

ドーーン!!!

きよはる「ぐっ!」

しかしきよはるは吹っ飛ばされてしまった!

クラーレ「トドメだよ!」

スカイ「ノンストップバイオレンス!

上にいる2人の手から光の矢が乱射される!

ザザザザザザザザ!!!

きよはる「(くそっ…やはり負けたか…だが…)人造カービィ共!」

きよはる「オレは死なない!!たとえ、この肉体は滅んでも、オレの意志を継ぐものが必ず立ち上がり…。そして、お前たち人造カービィを倒す!!

ザザザザザザザザ!!

きよはる「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」



そして。




3代目「か、感じられない・・!!きよはるさんの気が…。嘘だ…。」

その時は雨が降っていた。

3代目「見つけた!きよはるさん!」

そこには横たわっているきよはるの姿が。

しかし。

3代目「きよはるさ…」

きよはるの身体は…冷たかった…

3代目「嘘だ… 嘘だ… きよはるさん…きよはるさん… きよはるさん… きよはるさん! きよはるさぁん!! きよはるさぁぁぁん!!

しかし、返事はない。

3代目は、怒りにたぎり、思いっきし握り締めた手は血が滲み、顔についた涙は雨なのか分からないほどになった。

3代目「あぁぁぉぁぁぁぁぁ!!

ドンッ!!

その瞬間、きよはるを殺された怒りと絶望によって、3代目は超カービィに変身できただった。


…数日後

3代目「母さん。行ってきます。」

かえる「気をつけてね!頑張って!ほら!元気だして!」

3代目「そうですね…じゃあ、マジックペンくれます?」

かえる「いいけど…何に使うの?」

3代目はタイムマシンに文字を書きこんだ。

かえる「あぁ…なるほどね。」

3代目「この文字は『HOPE』つまり希望です。母さん!行ってきます!」

そして3代目はその文字通り、希望を求めて過去に行ったのだった…

33章 想定外の人物

3代目「18号…17号!」

クラーレ「なんだい?私達の事を知っているのかい?」

スカイロード「まぁいいさ。そんなことより…こいつを起動しよ?」

と、スカイロードが指さした先には。

3代目「な、なんだあの人造カービィは!?」

秋「お前…未来から来たんなら知らないのか?」

3代目「ええ。どうやら僕が来たことで、少なからず歴史が変わってしまったのかも…」

19号「やめろ!そいつを起動するな!やめろ!」

クラーレ「どうしてだ?」

19号「とにかくやめろ!世界を滅ぼしたいのか!その"16号"は世界を滅ぼす力を…」

スカイロード「うっさいだんだよ。」

バシッ

19号「うっ…」

クラーレ「消えな。」

ドドドドド!!!

19号「うわぁぁぁぁ!」

19号は跡形もなく消滅した。

きよはる「あ、悪魔たん…」

3代目「(やはり歴史が変わっていいやつになっていると希望を抱いたが…やはりダメか!)」

スカイロード「さぁてと。邪魔者は消えた。」

プシュ〜

ガタッ

16号「…………。」

クラーレ「アンタも狭っくるしいここから速く出たかっただろう。もう大丈夫。あのコントローラも19号もいないよ。」

19号「そう………か。」

スカイロード「じゃあ名前をつけなくちゃな。うーんと。」

クラーレ「"クルクロネ"にしよ。」

クルクロネ「クルクロネ、か…」

スカイ「なぁ、俺たちはコピーカービィを抹殺することだけの目的で生まれてきた。お前もそうやって作られたのか?」

クルクロネ「いや、俺は…カービィの中で撲滅隊という戦闘集団をまとめ、高校で教育をしている、一番邪魔者でのマスタースパークを抹殺するだけの目的でで生まれてきた。」

クラーレ「ふぅん。で、」

秋「……。」

3代目「……。」

スカイ「おいおい、そんな怖い目で見るなよ。」

クラーレ「私達はあの19号の事がキライだ。別にアンタ達を抹殺はしない。」

クルクロネ「だだ1つの目的は…俺にはマスタースパークを抹殺するという目的があるけどな。」

3代目「黙れ!お前達はここで…父さん達と一緒にお前達を倒す!」

秋「父さん?」

きよはる「やっぱり…父さんは動けない…ここで倒さないと!」

スカイ「やれやれ。少し遊んでやれ。」

クラーレ「そうだね。」ガシッ

双方戦闘体型にはいる。

クルクロネ「………。」

小鳥「ぴよぴよ」

クルクロネ「よしよしいい子だ。」

秋「ふん。所詮ガラクタ。10秒で片付けてやる。」

クラーレ「やれるもんなら、やってみな?」

秋「調子に乗るんじゃないぞ。」

きよはる「秋さん!」

秋「ガキは引っ込んでいろ。」

スカイ「よーし。じゃあこうしよう。クラーレと秋starの一対一だ。まぁ、もし君たちが邪魔をするんだったら…俺が相手になってやるよ。」

3代目「父さん!油断しないでください!未来では父さんがそいつにやられているんです!」

秋「父さん…?今俺のことをそういったか?」

3代目「あっ…」

秋「まぁいい。後で話はじっっっくりと聞こうじゃないか。」

クラーレ「さぁ、鈍った体をほぐす程度の運動にはなるかね。」

次回、開戦!

34章 余裕の3人

クラーレ「さぁ、やってもらおうじゃないの。」

秋「ふん。ガラクタはガラクタらしくスクラップにされてろ。行くぞ!」

バシィ!ガシィ!

秋「ふん!はっ!」

クラーレ「はあ!ふっ!」

ダダダダダダダダ!!

ギガ「な、あの秋と互角…!?」

スカイ「ほう。クラーレと"序盤は"互角に持ち込むとは…やるじゃないか。」

ファとに「序盤は?」

その言葉通りに、

クラーレ「はぁ!」

バシィ!

秋「おぉ!?」

ドカーン!!

ガラガラガラガラ…

秋「ど、どうなってやがる…俺と戦っているというのに…全く腕の動きが鈍らん!」

スカイ「俺たち人造カービィは機械だからな。疲れないんだ。」

クラーレ「しかも原動力のエネルギーは永久式。すごくない?」

きよはる「す、凄い科学力…」

クラーレ「とにかく、私の勝ちだね。」

クラーレは秋にトドメを刺そうとする。

3代目「父さん!」

と、3代目が前に立ちはだかる。

クラーレ「……スカイ。」

スカイ「オッケー♪おらっ!」

3代目「この時代でも負けてたまるか!」

ガン!ガン!

スカイ「弱い。足元がお留守だ。」

スカイの回し蹴り!

3代目「うわっ!」

ドーーン!

ギガ「だ、大丈r…クソアマッ!」

きよはる「ギガs!うわぁ!!」

ドカーン!

小鳥「ピヨピヨ!!」バタバタバタ

クルクロネ「あ…」

スカイ「だから言っただろ。邪魔したら俺が相手になってやるって。」

ファとに「み、みんな!」

クラーレ「まぁ、今日のところは命まで取る気は無いし、マスタースパークってやつを倒しにいくよ。」

スカイ「ほら、マキシマムトマト、あるだろう?それに、ローアに便利な修行施設があるじゃ無いか。また強くなったら、暇つぶしにいつでも相手になってやるよ。」

ファとに「ローアに?」

クラーレ「じゃあね。」

クルクロネ「おい、お前達が騒ぐから、小鳥が逃げてしまった。」

クラーレ「え、アンタそんな趣味あるの?」

スカイ「なあ、19号に聞いたんだが、俺たちはカービィを改造して作ったらいしがお前は1から機械で作ったんだっけ?それが原因か?」

クルクロネ「わからない…けど俺は戦いたく無い…」

クラーレ「でも、お前はマスタースパークってやつを倒す為にうまれてきたんだろ?なんか変じゃないか?」

クルクロネ「(もしかしたら1から作る技術があるのにカービィ改造に戻したの、クルクロネが原因なのか…?)」


ーー20号と戦った島ーー

マスター「………。」

???「マスタースパーク。細胞を貰っていくぞ…」

35章 忘れられた病人

ファとに「みんな!大丈夫!?」

秋「く、くそったれ…」

3代目「くそっ!人造カービィめ!」

ギガ「これでもともとあいつらに殺されていたのがよーく分かった。」

きよはる「で、たいとがちょっと不穏なんですけど、誰か忘れていましたっけ?」

全員「え〜と〜」

きよはる「あ。」
ファとに「あ。」
ギガ「あ。」
3代目「あ。」
秋「あ。」

秋「マスターぁぁぁぁぁ!!」

ファとに「しまったぁぁぁぁぁぁ!!19号と戦った島に倒れたっきり回収してなかったぁぁぁぁぁ!!」

きよはる「父さんー!!」

ビューン!!

30秒後…

スタッ

マスター「はぁ…はぁ…」

3代目「は、速く薬を!」

きよはる「あ、家に忘れてきました。」

ファとに「はぁ!?」

秋「しかもその家に人造カービィが向かっているぞ…」

3代目「じゃあとりあえず安全な場所へ!」

ファとに「安全な場所…あそこだ!」

ギガ「天界だ。いくぞ。」

ーー天界ーー
ギガ「おい、はやさん!」

マスター「う…」

3代目「とにかくベットへ!」

はやさん「大変なことになったな…」

きよはる「……。3代目さん。これは本当に薬で治る病気ですか?」

きよはる「ええ。そうですけど…って、今僕の事…」

きよはる「そうてろす。あなたは未来の成長した秋star3代目。違いますか?」

秋「なんだと!?こないだ生まれた!?」

3代目「さすがきよはるさん。お見事です。もう僕がこの世界に生まれた今、隠す事は何もありません。」

秋「ふん。自慢の俺の息子が…こんなに弱く成長するとは。ガッカリだぜ。」

ファとに「秋!」

きよはる「………。とにかく、父さんが薬では治らないと僕が判断した理由は…体の色が抜けていることです。今の僕が知る病気の中ではこんなに症状は初めてで…」

そう、体の色が白に近づいているのだ。

3代目「た、確かに…」

ファとに「おいおい。このままマスターが死ねば、3代目の言った未来の通りになっちまうんじゃないか?」

ギガ「確かに、その可能性は十分にあり得る。」

秋「その為にも、なんとしてでも生きて貰わねば。」

???「それなら、俺に任せろ。」

ギガ「誰だ?って、お前は!?」

ex35章 皆忘れてただろうアイツ


ギガ「お、お前は…!!」

きよはる「"マスター…2!!"」

マスター2「あ、覚えてくれてたのか。テンキューテンキュー。」

ここで解説
マスター2は、41章にて登場した通常とは違うコピーカービィだ!他のカービィと区別する為にマスター2としたぞ!何気にカービィを救っている!

マスター2「それより、もう1人の俺の状況だ。同じマスターとして言わせてもらうが、細胞が壊死して別の細胞に変わろうとしている。」

きよはる「それは…予測がつくけど…どうやって治すんですか?」

マスター2「ああ。こいつの壊死した細胞の代わりに、俺の細胞を埋め込む。いわゆる融合だな。」

屑マスター「まぁ、俺みたいに吸収されるってことさ。」

マスター2「じゃ、早速。こいつが死ぬと俺も死ぬんでなぁ。」

きよはる「待ってください!別の細胞ってなんの細胞ですか!?」

マスター2「謎解きは自分でしてくれ。だってさ、答えをそのまま教えたら、面白くないじゃん?」ニカッ

ポン

マスター2は何か本を置いていった。

マスター2「またなっ!」

シュゥゥゥゥゥゥゥ……

きよはる「あんな性格だったっけ?」

ギガ「今やった一連の行動、読者様には急すぎて意味不だわ。詫びろ詫びろ詫びろ詫びろ!!」

マスター「謝ぜぇする。」

きよはる「って、もう治ったの!?」

マスター「ああ。全部記憶もある。」

3代目「よかった…」

マスター「もちろん、病人の俺を野原に置いてって勝手に話を進めてくれた事もな?」ゴゴゴゴ

全員「あ。」

ex36章 電話

今すぐ来るZOY!!!!

はやさん「(唖然)」

こうなったのは1分前の事…

きよはる「はぁ…今日は色々大変だったな…」

ぷるるるる☆ぽ

電話だぁ…

はやさん「はいー」ガチャッ

デデデ「貴様かー!!!ワシの城に邪魔物を置いて行ったのは!!」

はやさん「……はい?」

デデデ「和紙の城の中庭になんか知らん物体を置いてきおって!許さん!犯人はお前達しかおらんZOY!!」

はやさん「え、え…取り敢えず状況は分かりましたが、私たちでは…」

デデデ「コピーカービィの連帯責任ZOY。取りにくるZOY。」

はやさん「へ、へぇ…では明日…」

今すぐ来るZOY!!!!

プツ ピー ピー

はやさん「(唖然)」

3代目「う、うるさいですね…」

秋「全くあの悪魔鬼人でなしデブサディスト激安の殿堂ホモペンギンアホ丸出しの風船親父は…俺は取りにいかんぞ…」

ギガ「右に同じく。」

はやさん「私は無闇にここを離れられない。」

きよはる「では、僕と3代目さんとカービィが行きます」

3代目「えっ……」←行きたくなかった人

10分後

ワドルゥ隊長「開門ー!!」

ガラガラガラ

デデデ「待ちくたびれたZOY!!遅い!」

カービィ「大王ー!!」

デデデ「ゲゲっ!ピンクボール!」

きよはる「よし、カービィにペンギンが気を取られてる隙に行きましょう。」

ワド「僕にーついてきて下さいー」

きよはる「誰だお前(魔理沙風に)」



ワド「ハアッ☆」

ワドルゥ「こっちであります!」

3人が向かった先には…

3代目「こ、これは!」

そこにあった物は、3代目のタイムマシンと瓜二つ!!

きよはる「な、何でもう一つ…」

と、そんな事を考えていると…

デデデ「早く持ってけー!!!

きよはる「うるせーよ!!」

3代目「プププの王様頭悪っ!」

ex37章 事件


きよはる「はぁ…やっと回収したよー。」

3代目「大変でしたね。」

そう、3人は頑張ってタイムマシンを天空に運んだのだ。

はやさん「さあ、今日はもう遅い。寝なさい。」

秋「ふん。俺はねんぞ。」

みな、今日は思い思いの夜を過ごした。
しかし、これからは枕を高くして眠れる日が無いことを予想出来たものはいない。

ーー朝ーー

きよはる「うーん!よく寝た!」

ギガ「さーて、ニュースでも見るか。感染者数は…」

3代目「現実とフィクションがごっちゃになってますよ。」

〜♪ チャンネーール! D☆D☆D☆

レポーターワド「皆さん!臨時ニュースです!バトデラタウンの西地区にいたコピーカービィが、消滅しました!」

秋「何?」

レポーターワド「ご覧ください!街は綺麗さっぱり!残っているのは建物だけです!」

きよはる「え、どういう事!?」

レポーターワド「この事件については現在調査中で、新しい情報が入り次第報告をr…う、うわぁぁぁ!!」

ザーーー

テレビに砂嵐が映った。

3代目「じ、事件?こんな事未来ではなかった…」

きよはる「と、とにかく…行ってみましょう…」

と、その時!

カメラワド「あ、先程の出来事ですが…だ、誰かが私達を襲って…」

???「な、なんだ?まだ生きていたのか?」

カメラワド「ヒィィィ!!」

と、その時一瞬だけ、その犯人の姿が写った。

プッ ザーーー

きよはる「……ね、ねぇ。あの外見…」

きよはるは見覚えがあるようだ…





















このページへのコメント

コントローラー→コントローラ になってます。

0
Posted by クラーレ 2020年11月11日(水) 18:40:34 返信

コントローラー→コントローラ になってます。

0
Posted by クラーレ 2020年11月11日(水) 18:32:38 返信

あー、氏んだわこれ(笑)

0
Posted by ノンタイトル 2020年11月03日(火) 23:39:35 返信数(4) 返信

自分のこと

0
Posted by ノンタイトル 2020年11月04日(水) 01:35:52

俺もあたおかかも

0
Posted by クラーレ 2020年11月04日(水) 20:45:53

俺もあたおかかも

0
Posted by クラーレ 2020年11月04日(水) 20:45:53

残念、死にません(笑)

0
Posted by マジカルR360 2020年11月06日(金) 11:02:08

私のでばーーーーーーーんこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこい
(んなわけねーだろ)

0
Posted by I am 2020年10月01日(木) 20:39:29 返信

私のでばーーーーーーーんこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこいこい
(んなわけねーだろ)

0
Posted by I am 2020年10月01日(木) 20:39:26 返信

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

もち猫の書きかけ小説(別wiki)

その他

掲示板へ

R撲滅隊等名簿(5/14時点)

同好会・バトデラでの単語集



どなたでも編集できます